12月8日
脊髄(せきずい)の仕組みを知ろう

脊髄(せきずい)とは、背骨の中にある神経線維(しんけいせんい)の束のことです。首の「頚椎(けいつい)」から腰の「腰椎(ようつい)」まで伸びています。そこから下には、たくさんの神経が出ており、馬の尾に似ているため、「馬尾(ばび)」と言います。また脊髄は、硬膜、クモ膜、軟膜という、三層の膜に包まれています。

前へ

バックナンバー

2012年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。