12月14日
腎臓から分泌されるレニンに注目しよう

腎臓からは、血圧を調整する「レニン」という酵素が分泌されます。腎臓の血流が悪くなると、レニンが分泌されて心臓の拍動が強くなったり、全身の細い動脈が収縮することで、血圧が高くなります。すると、腎臓に流れ込む血液量が増え、腎臓の大切な働きでもある水分代謝を活発にすることができます。

前へ

バックナンバー

2012年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。