12月28日
自律神経が乱れやすい朝は余裕をもとう

休息している時には副交感神経が優位になり、活動している時は交感神経が優位になります。その切り替えが行われる朝と夜の過ごし方が、とても大切になります、特に朝は、自律神経が乱れやすい時間帯になるので、早く起きて、朝食をしっかり摂り、余裕をもって過ごしましょう。

前へ

バックナンバー

2012年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。