1月18日
朝の光で、セロトニンを活性させよう

脳内ホルモンのセロトニンは、「太陽の光」を浴びると活性化します。最適なのが朝の太陽とおなじくらいの明るさです。うつ病治療では、「高照度光療法」と呼ばれる、太陽光やそれと同等の光をあてることで、生体リズムを整える治療法があります。30分ほど浴びるのが理想ですが、5分でも効果があるので、朝の日光浴を習慣にしましょう。

前へ

バックナンバー

2013年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。