1月23日
ニキビ予防に、承漿のツボを刺激しよう

女性ホルモンのバランスを整えて、ニキビを抑える効果のあるツボに「承漿(しょうしょう)」があります。場所は、唇の下にある「くぼみの中央」で、左右どちらかの中指を当て、その手にもう片方の手を添え、後頭部に向かってグッと押していきます。女性ホルモンの分泌を促して、肌代謝を高めてくれるそうです。口周りのリフトアップにも効果が期待できます。

前へ

バックナンバー

2013年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。