2月2日
食品に使われる、香料について理解しよう

イチゴの香りやメロンの香りなど、食品に添加する人工的な香りをフレーバーまたは食品香料といいます。食品を味わうときには、味とともに香りもおいしさを感じる要素になります。そこで、食品に香りをつけえたり、元々もっている香りを強めたり、好ましくない香りを隠したりするのです。

前へ

バックナンバー

2013年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。