2月10日
バナナを食べて、便通をスムーズにしよう

バナナは東洋医学的に「寒潤性」で、便通を促す作用があります。バナナに含まれる「水溶性食物繊維」が腸を潤してくれるので、便通がスムーズになります。ただし、体内に余分な水分が溜まっている方や、下痢をしやすい方は、食べ過ぎると負担につながるので控えめがよいでしょう。また、バナナには「酒毒を解する」作用もあり、飲みすぎのあとにも良く合う食材です。

前へ

バックナンバー

2013年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。