2月19日
タコを内臓ごと食べて、ミネラルを補おう

タコは、東洋医学的に「寒性」で体を冷やす傾向があります。タコの内臓には、ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれているため、身だけより内臓ごと食べる「イイダコ」のほうが栄養豊富と言えるでしょう。タコは高タンパク質なので、腎機能が悪い方にはお勧めできません。また消化しにくいため、胃腸が弱い方も控えめにするとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。