3月17日
環境ホルモンとは何かを理解しよう

環境ホルモンとは、化学物質が生物の身体の中に入り、生物が持っている本来のホルモンと同じ作用をしたり、反対の作用をしたり、若しくはその子孫のいずれかの世代で、健康障害性の変化を起こさせる化学物質のことを言います。また、環境ホルモンは、内分泌かく乱物質と呼ばれています。

前へ

バックナンバー

2013年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。