3月26日
甘酸っぱいニオイは糖尿病のサインと知ろう

糖尿病になると、代謝の低下によって「ケトン体」が体内で生産され、甘酸っぱい体臭になることがあります。そして、それが尿に混じって放出され、尿も同じような「甘酸っぱいニオイ」がしてしまうこともあるので、このようなサインが出始めたら、糖尿病の可能性があるので、早めに病院に行きましょう。

前へ

バックナンバー

2013年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。