4月6日
上の血圧と、下の血圧の違いを理解しよう

血圧とは、血液が流れることによって血管の壁が受ける「圧力」のことをいいます。心臓が収縮して血液を送り出す時は、圧力が最も高くなります。これが「上の血圧」で、心臓がフワッとゆるんで拡張したときに圧力が最も弱くなります。これが「下の血圧」です。血圧は常に一定ではなく、一日の中で変動します。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。