4月7日
お茶を飲んで、カラダの酸化を防ごう

金属が長い時間、空気にさらされるとサビるように、からだの細胞がサビてしまう状態を「酸化(さんか)」と言います。ストレス、添加物、脂質の多い食事などにより、体内に活性酸素ができ、それが細胞にダメージを与えます。すると内臓機能が低下するのです。抗酸化作用のある成分は、カテキンや、アスタキサンチン、ポリフェノールなどです。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。