4月13日
前向き物質、セロトニンを増やそう

脳内の神経伝達物質である「セロトニン」は、前向きな気持ちでいるために欠かせない物質です。不安や悲しみなどで心のバランスが崩れたとき、「セロトニン」はこれらを鎮める働きがあります。もしあなたが些細なことで落ち込んでいたり、精神的に不安定になっているなら、脳内のセロトニンが不足している可能性があります。今の食事を見直して、「セロトニン」を増やす食事を心がけましょう。牛肉や豚肉の赤み、マグロ、カツオなどには、セロトニンの原料である「必須アミノ酸」が豊富なのでお勧めです。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。