4月19日
ひじきを食べて、ミネラルを摂取しよう

ひじきは、東洋医学的に「寒性」で、むくみを消して、体にこもった余分な熱を収める働きや、善玉コレステロールを増やす働きもあります。ひじきに含まれるミネラルは水に溶けやすいため、煮物なら汁が多くならないようにするか、汁まで飲むようにしましょう。ただし、寒性で消化しにくいため、冷え性や下痢を起こしやすい人にとってはあまり向きません。胃腸の冷えに弱い方は、控えめにすると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。