4月23日
嘔吐(おうと)が起こるメカニズムを知ろう

嘔吐(おうと)は、胃の中に有害な物が入ったときに、吐き出そうとする反射運動の一つです。まず嘔吐中枢からの命令で、胃の出口(幽門)が閉じ、胃の入り口(噴門)が開きます。そして食道の収縮運動によって、逆流するように口から吐き出されるのです。このように嘔吐は、出口が開いて、入り口が閉じるという「消化」とは逆の動きをしているのです。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。