4月24日
風邪ひき時の、抗生物質の使い方を知ろう

風邪は上気道にウイルスや細菌が感染することで起こる様々な病気の総称です。抗生物質は「細菌性」の風邪には効果がありますが、「ウイルス性」の風邪には効きません。医師は病気の原因を血液検査などで見極め、効果の上がる抗生物質を処方します。大事なのは、何でも抗生物質を、病気に適した抗生物質を使うことです。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。