4月25日
ハッカの抗菌、抗ウイルス作用に注目しよう

ハッカは、東洋医学的に「涼性」で、発汗作用があり、熱っぽいのどの痛みを伴うカゼに効果があるといわれています。また気の巡りを良くし、肝の機能を回復したり、風疹・はしかなどの発疹性疾患のこじれにも効果があるとか。広範囲にわたって抗菌・抗ウイルス作用を持ちますから、日常的に活用すると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。