5月18日
ビールは、国によっては健康食品だと知ろう

古代エジプトで、ビールは「液体のパン」と呼ばれ、健康にいいとされてきました。イギリスでは風邪をひくと、黒ビールに「卵」を混ぜて飲む民間療法が今でも伝えられています。ビールには、ビタミンB2、カリウム、ナイアシンを含んでおり、消化器を刺激して栄養分の吸収を促したり、体力の増強に役立ちます。さらにホップの苦味は、精神をリラックスさせる鎮静効果もあります。

前へ

バックナンバー

2013年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。