5月21日
便秘予防に、夕食に根菜類と野菜を増やそう

便秘で悩んでいる人は、夕食に「便の量を増やす食事」を意識することが大切です。食物繊維を多く含む「根菜類」や「野菜」を積極的に摂りましょう。食事の量が極端に少ないことも、便秘の原因になります。魚、肉、豆などのタンパク質もしっかり摂り、翌朝の快便に備えましょう。

前へ

バックナンバー

2013年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。