5月27日
骨粗しょう症にはひじきとシイタケを摂ろう

骨の原料となるカルシウムが多い食材の一つに「ひじき」があります。このひじきと一緒に摂りたいのが「シイタケ」です。シイタケのエルゴステリンという成分がカルシウムの吸収を高めてくれます。さらに、「ビタミンD」がカルシウムの骨への沈着を助け、骨粗しょう症の予防につながります。

前へ

バックナンバー

2013年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。