6月2日
乳化剤の役割について知っておこう

乳化剤とは、水と油のように混ざり合わない2つの液体を、よく混ざり合った状態にするものです。乳化させることで、成分を安定した状態に保ったり、食品の舌触りが良くなったり、化粧品や医薬品の使用感が上がります。この乳化剤のひとつが、「コンドロイチン硫酸ナトリウム」です。コンドロイチン硫酸ナトリウムは、動物の軟骨、骨、血管の壁などに存在しています。それをドレッシングやマヨネーズ、魚肉ソーセージなどに使用します。

前へ

バックナンバー

2013年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。