6月8日
自律神経失調症について理解しよう

交感神経と副交感神経という反対のはたらきをする2つの神経が、全身のバランスをとり、内臓、血管、汗腺の働きなどをコントロールしています。しかし、このバランス調整がうまくできなくなると、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、冷え、不眠、便秘、動悸など、さまざまな不調があらわれます。このような不調を「自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)」と言います。季節や気温など、日によって変動するため、精神疲労や軽いうつと誤解されてしまうケースも多いです。心当たりのある方は、心療内科を受診しましょう。

前へ

バックナンバー

2013年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。