6月14日
小脳に隠された処理能力に注目しよう

小脳皮質には、神経細胞がギュッと集まっています。だからこそ、コンピューターのような素早さで、正確にたくさんの情報を処理することができるのです。人間は、全身の筋肉を連動させながら色々な動きができますが、これは神経細胞の集まりである「新小脳」が大脳の命令を受け取って、「千分の一秒単位」で正確に処理しているためなのです。小脳に狂いが生じると、平衡感覚がなくなるだけでなく、指先を器用につかう「細かな作業」ができなくなったり、物を上手につかむことができなくなります。

前へ

バックナンバー

2013年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。