6月17日
脳内ホルモン「メラトニン」を知ろう

人が眠くなるのは、「メラトニン」という脳内ホルモンが分泌されるためです。「メラトニン」は、昼間はほとんど分泌されず、周囲が暗くなると出やすくなります。また、太陽の光が目に入ってから、約15時間経たないと出ないという性質も。加齢によりメラトニンの分泌が少なくなるため、お年寄りは眠りが浅かったり、早朝に目覚めることがあります。よい睡眠に必須のホルモンです。

前へ

バックナンバー

2013年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。