6月21日
骨折をしても、骨がつながる仕組みを知ろう

骨の中には、骨をつくる働きをする「骨芽細胞(こつがさいぼう)」があります。この骨芽細胞は、骨折したときには折れた部分に集まって修復してくれます。骨にも神経や血管がしっかり通っており、常に生まれ変わり続けているのです。

前へ

バックナンバー

2013年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。