7月13日
じゃことピーマンで、イライラを解消しよう

じゃこは、豊富に含まれる「タンパク質」と「カルシウム」が神経伝達物質の材料となったり、伝達に働く作用があります。脳の働きをスムーズにするうえで、とても効果的な食材です。一方、ピーマンは、「ビタミンC」を豊富に含んでおり、抗ストレスホルモンである「副腎皮質ホルモン」の分泌をサポートします。オススメ料理は、「じゃこピーマン炒め」です。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。