7月24日
寝る2時間前には食べるのをやめよう

睡眠中は「胃腸の働き」が遅くなります。そのため、寝る前に食べたものは胃に残って、カラダに負担を与えて睡眠の妨げになります。また体を若返らせる「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されますが、「空腹の刺激」によって出る性質があります。夕食は少なくとも2時間前には食べ終えて、胃の中の物を消化させてから眠りに入りましょう。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。