7月26日
暑さで苦しい時は、冬瓜を食べよう

冬瓜(とうがん)は、東洋医学的に「寒性」で、体内の余分な熱を収めて、利尿をして「むくみ」を消す効能があります。また肺の余分な熱を収めて、痰を切りやすくしたり、膿を排出する効能もあります。また、「あせも」ができる人は、冬瓜を切ってすり潰し、患部に貼り付けると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。