7月29日
果物を適温でおいしく食べよう

果物の本来の食感、甘さ、香りを楽しみたい時は、10〜15℃にするのが適温です。夏は、冷やした果物を摂りたくなりますが、胃腸を冷やし、夏バテの原因にもなるので、冷蔵室で冷やした果物を食べるときは、食べる少し前に出して、適温にして食べた方が、体にも優しく、美味しく食べられます。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。