8月7日
カテキンの多い煎茶は約70℃でいれよう

煎茶には、うまみ(テアニン)、苦味(カフェイン)、渋味(カテキン)の3要素が含まれています。この3つをバランスよく味わうには、一般に言われているよりやや低い、約70℃でいれるのがベストです。ちなみに急須から茶碗に注ぐと、飲む温度は65℃ぐらいになります。

前へ

バックナンバー

2013年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。