8月14日
病気と血尿の関係について理解しておこう

血尿は、尿に血液の成分である「赤血球」が混じったものです。血尿があると「腎臓病」や「尿路の病気」が考えられます。腎臓病の場合、血尿であればタンパク尿も出ますが、尿路の病気は、血尿は出てもタンパク尿は出ません。尿路による血尿は、尿路に「腫瘍(しゅよう)」ができていることが多いです。病院で診てもらいましょう。

前へ

バックナンバー

2013年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。