8月29日
短期記憶と、長期記憶の違いを知ろう

記憶には、すぐに忘れてしまう「短期記憶」と、ずっと覚えている「長期記憶」があります。短期記憶は脳の「海馬」というところにいき、一時的に保存されます。そして海馬周辺の記憶回路をぐるぐる回っているうちに、大脳皮質に「長期記憶」として整理され保存されます。海馬が覚えているのは、1カ月程度だそうです。

前へ

バックナンバー

2013年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。