9月6日
皮膚の3層構造の役割について知ろう

皮膚は、「表皮、真皮、皮下組織」の3層構造で作られています。表皮はカラダを覆うことで、外界の細菌やウイルスの侵入から守っています。一方で、表皮の下にある「真皮」は、体温を調整する役目があります。一番深い「皮下組織」には脂肪組織が豊富にあって、カラダの熱を逃がさないための「断熱材」の役割をしています。

前へ

バックナンバー

2013年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。