9月10日
ブドウを食べて、胃酸を抑制させよう

ブドウは、東洋医学的に「平性」で、のどの渇きを緩和して、イライラを解消する働きがあります。さらにブドウには「ビタミンP」という活性物質が含まれ、それが胃酸を抑制します。また、干しブドウは糖分が多く、食べ過ぎると熱っぽくなる傾向があります。そのため、もともと熱っぽかったり、血圧が高めの方は控え目にするとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。