9月17日
花梨(かりん)を食べて、セキを止めよう

花梨(かりん)の果実は、古くから「セキ止め」として活用されています。さらに「胃」の機能を回復させて、むかつきや嘔吐を止める作用もあります。酸っぱくて渋く堅いため食べ過ぎることはありませんが、加熱をすると軟らかく食べやすくなるでしょう。二日酔いにも良いとされています。

前へ

バックナンバー

2013年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。