9月18日
風邪対策はビタミンB・Cで粘膜強化しよう

風邪は、そのほとんどが「ウイルス」による感染でかかります。ウイルスは鼻やのどの粘膜から感染して炎症を起こすため、風邪の予防には「粘膜の強化」が効果的です。特に秋から冬にかけては湿度が下がり、粘膜が乾燥して痛みやすくなります。粘膜を強くするには、ビタミンB2・B6・Cを摂るように心がけましょう。ビタミン剤やサプリメントの利用もオススメです。

前へ

バックナンバー

2013年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。