9月22日
尿酸値が低い人は、酸化しやすいと知ろう

尿酸値が高いと「痛風」になるのは、よく知られていることです。でも、逆に低い人は、酸化しやすい体と言えるでしょう。尿酸は「活性酸素」を消す働きがあります。ですから、数値が低い人は、それだけ体の酸化が進んでいる可能性が大きいのです。酸化は「老化」の最大の要因だからこそ、「尿酸値」が低い状態も注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2013年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。