9月23日
15分間の休憩を入れて、ヤル気を高めよう

「ヤル気」は、脳の中心部に近い「側坐核(そくざかく)」というところで作られます。一度、集中力が途切れると、再び側坐核が盛り上がるには、15分ほど必要になります。ですから、集中力が必要なときほど、休憩をとったり、少し違うことをして時間を置くことによって、「ヤル気」を取り戻すようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2013年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。