10月11日
朝起きてすぐに、蛍光灯を1分間みよう

目覚めをよくするためには、睡眠を誘発する物質メラトニンを減らすことです。光を浴びるとメラトニンの分泌が止まります。そこで、朝の光を浴びるのがいいのですが、起きてすぐに蛍光灯を見つめてみるのもよいでしょう。最初は目を閉じていてもOKです。目が開いたら蛍光灯から少し目の焦点を外して1分間見つめましょう。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。