10月21日
ネギとニンジンで、風邪予防しよう

風邪といえば、民間療法でおなじみなのが「ネギ」です。ネギの成分「アリイン」は、免疫細胞の「ヘルパーT細胞」を活性化し、風邪ウイルスの侵入を防ぐ効果があります。またニンジンの「ビタミンA」は、のどの粘膜を保護してくれます。風邪の引きやすいこれからの季節、ネギとニンジンを料理に上手に活用してくださいね。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。