10月25日
イライラや気力減退は、肝臓を養生しよう

東洋医学で「肝」は気持ちをつかさどる働きをしています。「肝(きも)のすわった人」と言うように、肝臓が強い人は、強じんな精神力があるとされています。気持ちに影響する「肝臓」が衰えると、イライラして怒りっぽくなったり、うつ状態や無気力につながります。心が不安定なら、肝臓を養生しましょう。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。