10月26日
ヒラメの縁側を食べて、美肌を目指そう

ヒラメは、衰弱した体を補強して、気力を高める作用があるといわれます。ヒラメは脂が少なく、味が淡白で胃腸にやさしい魚です。ヒラメの縁側(えんがわ)という、背びれと尾びれがつながっている部分が、一番美味とされています。粘膜や肌の潤いを保つ「コラーゲン」をたっぷり摂りたいなら、ヒラメの縁側がお勧めです。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。