10月30日
精子は3つの部位でできていることを知ろう

精子は3つの部位に分かれていて、頭部、中間部、尾部から成り立っています。頭部には核があり、23本の染色体が入っています。ここに遺伝情報が詰め込まれているのです。中間部は精子が運動することができるように、ミトコンドリアが必要な栄養を供給しています。最後の尾部は、オタマジャクシのように泳ぐための尾です。この尾部を使って、卵子の分泌物をたよりに前進していきます。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。