10月31日
疲れると起こる、疲労臭のしくみ理解しよう

疲れると体にアンモニアが増えることがあり、通常は肝臓の「オルニチン回路」で処理されますが、過労で肝機能が低下すると滞ってしまうのです。するとアンモニアが体に広がり、汗から出て体臭につながります。消臭剤は菌を抑えるもので、体から出るこの臭いには効きません。この悩みには、「しじみ」と「酢」を摂るように心がけると良いでしょう。しじみの成分「オルニチン」は、このオルニチン回路を活性化させてくれますし、酢の「クエン酸」が疲労解消をサポートしてくれます。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。