11月8日
カラダの熱を逃がさない、塩風呂を試そう

塩の風呂は、カラダの芯までポカポカ温まり、冷え性に効くとして重宝されてきました。その理由は、塩の成分が毛穴や汗腺をふさぎ、体温を逃がさないためです。また塩成分の「血管拡張作用」で血液循環をよくし、体が温かくなります。自宅で行う時は、塩を入れすぎると「かぶれ」の原因になるので、大さじ1杯ぐらいの粗塩でOKです。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。