11月9日
ハマグリを食べて、貧血を予防しよう

ハマグリは、東洋医学的に「寒性」で、利尿してむくみを抑える作用があります。また「タウリン、カルシウム、鉄分、亜鉛、マグネシウム」など、ミネラル類を豊富に含んでいます。特に貧血に良い「鉄分」「ビタミンB12」「葉酸」も含まれており、食べる量としては、1日5個ぐらいがよいでしょう。ただし、ハマグリには「β-カロチン」や「ビタミンC」などが含まれていないので、緑黄色野菜と組み合わせて一緒に食べるよう心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。