11月10日
女性に多い、パニック障害について知ろう

息が苦しい、心臓がドキドキする、わけもなく不安になる、このような症状に突然襲われるのが「パニック障害」です。女性に多く、100人中3人ほどが発症するという、現代では珍しくない病気です。症状は長くても1時間ほどで治まることもありますが、繰り返しているうちに「また起こるのでは…」という不安が、また症状をつくるという悪循環になります。確かな原因はわかっていませんが、低血糖症、バセドウ病、貧血などの病気で、パニック障害のような発作が起こることがあります。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。