11月28日
脾臓と赤血球の関係を知ろう

全身の細胞に酸素を運んでいる「赤血球」は、約100〜120日ほどで脾臓で分解されます。脾臓に血液がたどり着くと、「白脾髄(はくひずい)」と「赤脾髄(あかひずい)」という2種類の機能が異なる組織が、古くなった赤血球を分解するのです。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。