12月1日
健康診断のALPの低下は亜鉛不足を疑おう

「ALP」は、主に肝臓で体内物質の分解を行う酵素です。亜鉛と結びついて働くので、数値が低いと「亜鉛不足」の可能性があります。亜鉛は新陳代謝をよくするミネラルで、不足により「うつ」や「皮膚炎」、「抜け毛」や「味覚障害」になる恐れがあります。亜鉛は、「牡蠣(かき)」や、レバーに豊富に含まれています。ALPの数値が低い人は、積極的に摂るように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。