12月5日
牛乳は、温度で甘味が変化すると知ろう

カルシウムを豊富に含んでいる「牛乳」には、乳糖という甘味成分が含まれています。この乳糖は、53〜57℃に温めると甘味を強く感じられるため、ホットミルクは冷たい牛乳よりも甘く感じるのです。逆に、牛乳が冷たすぎると味覚を感じる力が弱くなってしまうため、本来の味を楽しむ最適温度は12〜15℃といわれています。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。